FC2ブログ
風を読む *in Vancouver*
Turn your disadvantage to your advantage. カナダ・バンクーバー情報を発信中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外送金あれこれ
留学、ワーホリ等で、学校などにお金を振り込む場合の海外送金について、調べてみました。
日本国内でお金を振り込む場合と同様に手数料がかかります。
国内なら315円~630円の手数料が、平均4000円~4500円くらいでしょうか?
郵便局も、口座への送金のサービスを始めました。ただ、カナダへの口座送金はまだ行えないのが現状・・。

いくつかある方法から、手数料が安いところが、ロイズTSB銀行ではないでしょうか?
本店はイギリスにあり、日本では東京にあります。
方法は簡単。
申し込み書(登録書)をサイトからダウンロードして記入、郵送後登録完了通知書が届いたら、国内と同じように振込みが出来る。
手数料は約2000円と割安


シティバンクの場合は、ネットバンキングで送金すると4000円→3500円になるそう。

あとは、どこの銀行でも行っています。
ただ、手数料上記2行に比べるとは割高。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
公的手続きetc.
短期長期の留学、ワーホリに関わらず海外に行く時に必ず入るもの。
保険、です。
ただ、保険と言ってもいくつか種類もあります。
同時に長期で行かれる場合気になるのが国民の義務である公的な支払。
いわゆる国民健康保険、国民年金、住民税等です。
少し調べてみました。
当然仕事をされている方は社会保険、厚生年金に加入されてます。辞める時期によっては、一旦国保、国民年金への切り替えが必要になります。任意継続もありますが、こちらは喪失するときにいくつかのルールがあるようです。確かに退社後2年は任意継続できるので、保険料は若干安いようですが。

まず、①海外旅行留学保険に加入する場合。
ほとんどの方はこのケースだと思います。
この場合は国民健康保険・住民税(市県民税)を払わないという事になりますので、お住まいの市町村役場に行き住民票を抜き海外転出届を出します。(住民票がないという事は、住所不定になっています。だから、もし3ヶ月以上カナダに滞在するのであれば、必ず入国して3ヶ月以内に在留届けを出します。)
ただし、住民税は前年度分を支払うことになってますので、06年に渡航する場合は05年度の請求がやってきます。

海外旅行留学保険に加入せずに国民保険を継続する。海外療養費支給制度と呼ばれるもの。
憲法の改正で海外でも国保の適用ができるようになり、短期の場合に用いられるようです。
(ただ、この場合、一旦支払は立替になります。帰国後、領収書等必要な書類を提出する。一部適用されないケースも有。)ですので、在留届けを忘れずに出すことになります。

個人的には①をします。
Bの場合は、帰国後の処理になるので必要な書類がそろわない、などのトラブルがあるそうです。

③国民年金については、任意になるとの事。
将来のために継続で払うのなら何も手続きは要りません。
もし払わないのなら、喪失の手続きをとるそうです。
ただ、帰国して海外にいた分を払う、と言ってもそれは出来ないとのこと。
社会保険庁のHP
海外に住んでいる人で国民年金加入の場合はこちら
海外居住者の国民年金

どの保険を選ぶかは滞在期間、滞在先にもよってさまざまです。
一つの知識として知っておくといいかもしれません。

美容室  バンクーバー
多分誰にでも行きつけの美容室があると思います。
新しい土地ではなかなか勇気のいること。
海外ならなおさら。日本人と、欧米諸国では髪質もずいぶんと違います。
それに加えて、言葉の違い。
うまく伝わらないことも。

だから、探してみました。日本人の美容師のいる美容室。

あおい美容室
Misako's Hiar Salon
CHURA HIAR SALON

そして、yukun05さん今日のビクトリアから教えていただいた。(ありがとうございます。)
図書館近くのArk
→ここは、カナダに永住している美容師さんがほとんどで、しっかりしています。
もうひとつはSuki'sというバンクーバー最大の美容院。

もちろん、語学の勉強でカナダに来ているのなら、地元の美容院に行くべき、という意見もあると思います。
でも、海外で仕事をしている人に話しが聞けるチャンスにもなります。

決めるのは私自身。あなた自身。
参考までに。
国際電話事情
以前、携帯電話事情をのせたその後で、新しい情報を頂きました。
(ご存知の方もいると思うけど・・。)

携帯電話ではないけれど、国際電話が無料で出来るというもの。
互いにインターネットに接続しているPCを持っていて、ダウンロードするだけで、国際電話の通話料が無料になるというもの。
それがskype
livedoorが提供しているそうですが、イヤホンマイクが必要でこれが4000円弱。
インターネットさえ繋がっていればどこでも使えるから簡単でお得かも。


ただ、コーリングカード(使い方はこちら)も強い味方ですね
日本のテレホンカードのように、プリペイド式のものから、グローバルコーリングカードといった支払をクレジットカードでするものまであります。


携帯電話事情
あったらやはり便利なのが携帯電話です。
日本には、海外で使えます!
と銘打つ会社もありますが、やはり経済的ではありません。
私も、実は、日本の携帯を持っていこうと、思っていました。が、やはり高いし、もし現地での電波状況が悪い!何てことになれば元もこうもありません。だから、調べてみました。

fidoファイドと読むそうです。)
学生に人気とのこと。同じメーカーのほうが、何かと便利かと。
telusmobilityというのもあります。

いくつかのメーカーが日本と同じようにサービスの提供をしています。

またプリペイド式の携帯もあります。
短期、長期にかかわらず、自分のペースで使えます。

自分状況に応じて必要なら参考にしてみてください。


航空券etc
きっと誰もが、できるだけ安く航空券を手に入れたいと思うもの。

航空券にもいろいろ種類があります。
で、わかりやすく説明しているのが、航空券用語・基礎知識です。チケットの種類はもちろんのこと選び方まで、説明してあります。

その次は、どこで買うか?です。
もちろん家の近くの代理店でも買えます。
でも、どちらかといえばインターネットで購入する方が安いのです。
で、例えばエイビーロードや、地球の歩き方などで調べる。

お奨めはナンバーワントラベルです。
日本に住む外人さんが多く利用するところで、2~3000円ほどは他社より安く、もちろん日本語OKです。

もう一つ、カナダだけにしぼるなら、旅工房もおすすめ。カナダ専門ということもあって、強いです。

そうそう、エアーカナダは座席指定ができるそうです。
長時間の機内では、通路側がいいと聞きます。
通路側の方が、トイレにもでやすく、1,2時間に一度はストレッチなどをした方がむくみ対策にもなりますから、すみませんっ、と寝ている人をおこして通路に出るより、あらかじめ通路側の方がいいかもです。

エージェント
留学やワーホリへ行くと決めて、始めにする事といえば、エージェントを決めること。もちろん業者を使わずして事が上手く進むならそれに越したことはない。
でも、提携業者を使うほうが、ホームスティ一つとっても、いい条件で受け入れてくれる、との利点もあるのも確かなこと。なら、使わない手はない。

私の場合イギリス短期留学(カナダに行く今回もですが)をするにあたり情報を集めだしたのは1年ほど前から。
たった一つのキーワード「留学」だけでも、検索すると何十ページにも渡って斡旋会社が名前を連ねている。ひとつひとつ紐解くのも大変。
そうかといって、簡単には会社の概要なんてものは解らない。

だから結局は、いくつかに絞った業者
①基準は行きたい国に本店または支店があり、常駐スタッフがいるかどうか。
②学校にかかる費用の支払は直接学校へ出来る。また、支払わなければならない金額の内容が明らかになっている。
の2点を踏まえ、同じ内容、質問のメールを送ってその返事で、まず判断する。
学校と提携している業者と、そうでない業者の判断、信頼できるかどうかの判断がつく。(質問に対しての答えが明確である。金額面はもちろんのこと、細かいところまで)

で、下記2社。
留学先をオーストラリアかカナダか迷っていた時に何故カナダなのか、をきちんと話してくれたエージェントが、ウエストコースト国際教育相談センターです。カナダ・バンクーバーにあります。もちろん上記にあげた2点のポイントもクリアーしてます。

mitsuba associatesは、イギリス短期留学の時にいろいろお世話になったエージェント。イギリスはもちろんのこと、英語圏(AUS・Canada・US・他)や仏への留学もサポート。全部無料です。イギリスにありますが、日本語OKです。事前のカウンセリング等はメールになりますが、対応も早く学校の資料もその場で請求できるようになっています。

人それぞれ知りたいこともあるし、フィーリングもあります。
参考までに。




留学・ワーホリお役立ちサイト

世界の友達の輪

このブログをリンクに追加する

About

管理人

  • Author:管理人
  • Thank you for coming.
    06年2月24日よりバンクバーでのワーホリ生活をスタートさせます。
    準備段階から集めた情報を角度を変えて書いていきます。

    管理者のブログはこち~ら。
    英語の勉強の一つとして英語でブログかいてます。
    An intimate diary
    ワーホリの準備編のブログはこちら
    Voyage *treasure-hanting* カナダまでの足跡
    地元の写真や、カナダ、イギリスへの写真館はこちらへどうぞ。→Voyage *写真館* 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。