風を読む *in Vancouver*
Turn your disadvantage to your advantage. カナダ・バンクーバー情報を発信中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の持って行きかた あれこれ
学校等への授業料の送金も終え、次に考えるのは現地へのお金の持って行きかたではないでしょうか?

こちらにもいくつかの方法があります。
 ①トラベラーズ・チェック・・・・旅行小切手
   利点と言えば、T/Cは手数料を払っても、外貨現金より有利な交換レートで購入できる、という点でしょう。もちろん、現地通貨建て、円建てのどちらでも購入できますし、お近くの銀行、郵便局でも取り扱っています。もちろんおつりは現金でもらうことが出来ます。
そして、万が一紛失しても再発行できる、と言うのも利点です。旅の準備
ただ、都市によっては使えないShopもありますので、事前に使えるかどうか確認する必要があります。

   ☆宅配サービスもあります。セシール外貨宅配サービス
                     マネーポートJTB

海外送金
   現地で、銀行口座を作れば海外送金が出来ます。
若干手数料がかかるのがネックなりますが。
    
 手数料が安く海外送金が出来るところゴーロイズJCB送金名人があります。


 
[READ MORE...]
スポンサーサイト
海外送金あれこれ
留学、ワーホリ等で、学校などにお金を振り込む場合の海外送金について、調べてみました。
日本国内でお金を振り込む場合と同様に手数料がかかります。
国内なら315円~630円の手数料が、平均4000円~4500円くらいでしょうか?
郵便局も、口座への送金のサービスを始めました。ただ、カナダへの口座送金はまだ行えないのが現状・・。

いくつかある方法から、手数料が安いところが、ロイズTSB銀行ではないでしょうか?
本店はイギリスにあり、日本では東京にあります。
方法は簡単。
申し込み書(登録書)をサイトからダウンロードして記入、郵送後登録完了通知書が届いたら、国内と同じように振込みが出来る。
手数料は約2000円と割安


シティバンクの場合は、ネットバンキングで送金すると4000円→3500円になるそう。

あとは、どこの銀行でも行っています。
ただ、手数料上記2行に比べるとは割高。

[READ MORE...]
公的手続きetc.
短期長期の留学、ワーホリに関わらず海外に行く時に必ず入るもの。
保険、です。
ただ、保険と言ってもいくつか種類もあります。
同時に長期で行かれる場合気になるのが国民の義務である公的な支払。
いわゆる国民健康保険、国民年金、住民税等です。
少し調べてみました。
当然仕事をされている方は社会保険、厚生年金に加入されてます。辞める時期によっては、一旦国保、国民年金への切り替えが必要になります。任意継続もありますが、こちらは喪失するときにいくつかのルールがあるようです。確かに退社後2年は任意継続できるので、保険料は若干安いようですが。

まず、①海外旅行留学保険に加入する場合。
ほとんどの方はこのケースだと思います。
この場合は国民健康保険・住民税(市県民税)を払わないという事になりますので、お住まいの市町村役場に行き住民票を抜き海外転出届を出します。(住民票がないという事は、住所不定になっています。だから、もし3ヶ月以上カナダに滞在するのであれば、必ず入国して3ヶ月以内に在留届けを出します。)
ただし、住民税は前年度分を支払うことになってますので、06年に渡航する場合は05年度の請求がやってきます。

海外旅行留学保険に加入せずに国民保険を継続する。海外療養費支給制度と呼ばれるもの。
憲法の改正で海外でも国保の適用ができるようになり、短期の場合に用いられるようです。
(ただ、この場合、一旦支払は立替になります。帰国後、領収書等必要な書類を提出する。一部適用されないケースも有。)ですので、在留届けを忘れずに出すことになります。

個人的には①をします。
Bの場合は、帰国後の処理になるので必要な書類がそろわない、などのトラブルがあるそうです。

③国民年金については、任意になるとの事。
将来のために継続で払うのなら何も手続きは要りません。
もし払わないのなら、喪失の手続きをとるそうです。
ただ、帰国して海外にいた分を払う、と言ってもそれは出来ないとのこと。
社会保険庁のHP
海外に住んでいる人で国民年金加入の場合はこちら
海外居住者の国民年金

どの保険を選ぶかは滞在期間、滞在先にもよってさまざまです。
一つの知識として知っておくといいかもしれません。

美容室  バンクーバー
多分誰にでも行きつけの美容室があると思います。
新しい土地ではなかなか勇気のいること。
海外ならなおさら。日本人と、欧米諸国では髪質もずいぶんと違います。
それに加えて、言葉の違い。
うまく伝わらないことも。

だから、探してみました。日本人の美容師のいる美容室。

あおい美容室
Misako's Hiar Salon
CHURA HIAR SALON

そして、yukun05さん今日のビクトリアから教えていただいた。(ありがとうございます。)
図書館近くのArk
→ここは、カナダに永住している美容師さんがほとんどで、しっかりしています。
もうひとつはSuki'sというバンクーバー最大の美容院。

もちろん、語学の勉強でカナダに来ているのなら、地元の美容院に行くべき、という意見もあると思います。
でも、海外で仕事をしている人に話しが聞けるチャンスにもなります。

決めるのは私自身。あなた自身。
参考までに。

留学・ワーホリお役立ちサイト

世界の友達の輪

このブログをリンクに追加する

About

管理人

  • Author:管理人
  • Thank you for coming.
    06年2月24日よりバンクバーでのワーホリ生活をスタートさせます。
    準備段階から集めた情報を角度を変えて書いていきます。

    管理者のブログはこち~ら。
    英語の勉強の一つとして英語でブログかいてます。
    An intimate diary
    ワーホリの準備編のブログはこちら
    Voyage *treasure-hanting* カナダまでの足跡
    地元の写真や、カナダ、イギリスへの写真館はこちらへどうぞ。→Voyage *写真館* 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。